後継者問題での親族内承継

子どもや親族を承継候補とする場合は、後継者の経営に配慮して株式や財産の移転等を検討する必要があります。また、後継候補者の能力や知識、経験等を向上させるための後継者教育も承継前に実施する必要があります。 


親族内承継には次のようなメリットが期待できます。


<親族内承継のメリット> 


・ 他の方法に比べて、内外の関係者から心情的に受け入れられやすくなります。 

・ 後継者を早期に決定することができれば、後継者教育等のための長期の準備期間を確保することが可能と

  なります。 

・ 相続等により財産や株式を後継者に移転できるため、他の方法に比べ所有と経営の分離を回避できる可能

    性が高くなります。 


次のような留意点があります。

 

<留意点> 


・ 相続人が複数いる場合、後継者に経営権を集中させる必要があります。 

・ 個人債務保証の引継ぎや税務対策に関する検討が必要となります。 


ご質問・ご相談がございましたら、

☎03-6903-2871までお電話頂くか、お問い合わせフォームによりご連絡ください。


初回相談無料/東京 税理士・会計士/法人の節税  西原公認会計士・税理士事務所